ブラック企業の見分け方

スポンサーリンク
ブラック企業の特徴・見分け方

ブラック企業を見分けるテクニックを紹介しています。就活中から就職後まで各段階ごとに情報をまとめているので、いまの自分の状況に合わせた相談先をご覧ください!

就職情報は仕事を探している人のためではなく、人を集めたい企業のために作られているということを常に頭にいれておこう!あの手この手で良い企業に見せようとしてくるぞ!

スポンサーリンク

就職・転職情報から見分けるブラック企業(一番重要)

ブラック企業対策で一番重要なことはブラック企業を見抜けるようになることです。
見抜くことが出来ればブラック企業で苦しむ可能性を減らせますし、就活で無駄な時間を使わずに済みます。
ワークルールと見分け方と相談先を身に着けた就活生は対ブラック企業として最強の人材です。
下のリンクから記事へどうぞ!

特に重要な項目
・離職率の高さ(平均年齢の低さ)
・残業時間の長さ
・有給休暇取得日数(付与日数ではなく取得日数)
・固定残業代(みなし残業代)制度の有無

企業訪問時に見分けるブラック企業

いまの就職情報サイトは企業の黒いところを隠すのがめちゃくちゃうまいです。運悪くブラック企業の選考をうけてしまっても、訪問した際にブラック企業だと気が付がつく方法があります!
ある意味企業訪問時は、会社のありのままの姿を見るチャンスなので、見逃さないようにしましょう!
下のリンクから記事へどうぞ!

就職後に見分けるブラック企業

日本では求人における嘘を取り締まる術がほとんどないので、就職するまでブラック企業を見抜けない可能性もあります。実は今の職場はブラック企業かも?!
ブラック企業に長くいても何もプラスにならないどころかマイナスにしかなりません。体や心を壊す前に転職先を探しましょう。ブラックにいると他の選択肢がないように感じがちですが、の中にはたくさん仕事がありますし、ブラックから転職して悲しんでる人はほぼ見たことないです。

タイトルとURLをコピーしました