ブラック企業について学べる本

スポンサーリンク
ブラック企業関連書籍

ブラック企業/今野晴貴

【最初の一冊に】
ブラック企業問題を世間に一気に広めるきっかけとなった本。ブラック企業の問題について実際の事例をもとに知ることが出来ます。なぜあの企業がブラックと呼ばれたのか、この書籍にはそこで働いていた人が語る生々しい仕事の現場が描写されています。ただの事例紹介にとどまらず、何故ブラック企業が成立するのか、ブラック企業が社会に与える影響は何なのかを知ることができます。このサイトの相談先に掲載しているposseにはこの本の著者も在籍しています。

求人詐欺/今野晴貴

ブラック企業と同じ作者が出した、日本の求人情報をまとめた本。どうやってブラック企業が人を集めているのかがわかる。つまり読めば、ブラック企業を回避する方法がわかる。今から就活をはじめる人は悪質な企業に騙されないよう注意してください!

ブラック企業完全対策マニュアル/古川 琢也

ブラック企業の事例とその対処方法までが網羅されているお得な本、いまの職場がブラックなんじゃないかと思っている人は、この本を読み、今の働き方の何が問題で、どうすればいいのかを是非知ってください。相談先にすぐ相談するのも忘れずに

働き過ぎ倒れて/熊沢誠

過去に起きた過労死の実例について、労働問題を長年研究してきた研究者が解説、分析している本。とてつもないボリュームですが、それだけ過労死の被害者がいることを表しています。深夜まで帰ることができず、子供に物心がついても父親と認識してもらう機会がないまま、過労死で亡くなっていく、そんな社会は変えなければいけません。

過労自殺/川人博

過労死の問題に取り組む弁護士が過労自殺の実態について書き上げた本。何名かの過労自殺の実例とそれにいたるまでの経緯が書かれています。遺書や実際の労働時間がかかれているので非常に生々しいですが、今の日本で実際に起きていることだと思うとぞっとします。弁護士が書いているので、労災補償や辞職に関するわかりやすい解説もあります。これから働く人にって重要な情報も多く書かれているので、就活生にもおすすめです。

働く過剰/玄田有史

個性重視、自己実現、コミュニケーション能力こういったものがいかに若者を苦しめているのか、なぜ厳しい職場でも働きるづけるしかないのか、なぜニートが生まれてしまうのかを事細かに分析した本。あなたのしんどいという気持ちの背景にあるものがわかります

タイトルとURLをコピーしました